オリジナル手提げ袋は専門家へ~効率良好!企業アピール戦略~

手提げ袋

動く宣伝

オリジナルの手提げ袋は動く広告塔としての役割を果たします。インターネットの専門業者を利用すると気軽に制作依頼ができます。素材やデザインに悩んだら、業者に相談すると親身に相談に乗ってくれます。

» 詳しくはこちら

オリジナルのカレンダー

現在では、オリジナルの卓上カレンダーを作成することで企業アピールすることができます。インターネットの通販サイトで卓上カレンダーを注文すると、手頃な価格で大量に発注を行なうことができるのです。

» 詳しくはこちら

毎日使う暦

日時を確認する時に活用するのが、カレンダーです。卓上カレンダーは設置場所を選ばないですし1年中使えるということで、息の長い販促物です。オーダーをする基本と名入れサービスの魅力を見てみましょう。

» 詳しくはこちら

上手に宣伝

より集客効果の高い看板製作をしたいなら、こちらの業者に相談しましょう!売上アップに直結する看板を作ってくれます!

個性あふれるデザインのノベルティを作成してみませんか?ノベルティを作ることで顧客満足度も高められる可能性があります。

ポスティングの単価は

新店舗のオープンや、期間限定のセールやイベントなどを宣伝したいとき、もっともポピュラーな方法のひとつがチラシのポスティングです。上手くいけば充分な集客効果が見込めますし、古くからある安定した方法といえます。では、ポスティングにかかる費用はどのくらいなのでしょうか。ポスティングの価格は1枚いくらで提示されることがほとんどです。主に「配布の方法」と「配布する地域」の2つの要素によって決まります。地域でいうと大都市のほうが単価が高くなっています。配布方法は、一社単独のチラシをポスティングする単配と、他社のチラシなどを含む他の配布物と一緒に配る併配の二つがあり、併配のほうが単価が安くなります。地域差はありますが、単配で1枚3〜5円、併配で2〜3円が相場といえるでしょう。

チラシの歴史はとても古い

チラシは、世界最古の広告と言われています。その歴史は紀元前2000年ごろまで遡ることができ、現存する世界最古のチラシの内容は、行方不明者を探すものだったようです。日本においても、江戸時代にはさかんにチラシのポスティングが行われました。「チラシ」という呼び名は大阪で使われており、江戸では「引札」と呼ばれていたようです。当時は配ることを「引く」と言ったことからその名がついたといわれます。大阪で「チラシ」と呼ばれたのは、文字通り「撒き散らす」ことから来ています。限られた紙面を有効活用するため、人の目を引くような短いキャッチコピーもこの時代に生まれてきました。それから現在に至るまで、チラシのポスティングは広告の手段として常に重宝され続けています。チラシ以外にも、専門業者へ看板製作を依頼する、オリジナルの手提げ袋の制作をするなどでも、企業の広告効果が期待できるでしょう。

イベントなどを控えているならぜひ作成しませんか?横断幕を激安価格で製作できるサイトはこちら!実績豊富で信頼できますよ。

予定確認のための卓上カレンダーはコチラでお取り寄せしてもらうことが可能です。スタンドやメモやペン立て機能つきのものから選べます。

費用対効果を実現した、チラシデザイン業者が宣伝効果を高めてくれます。低料金で高品質の結果を期待できますね!